注目!ロボットが活躍する飲食業界

>

飲食店ではどんな風にロボットが利用されているのか?

飲食店でロボットが使われる理由

飲食店がロボットを使う理由としては、人員の調整がしやすいこととコロナ対策が挙げられるでしょう。
飲食での求人はミスマッチが多いこともあって、忙しいときには人手が不足して暇なときには人手が多すぎるという事態もしばしば起こってしまいます。
ロボットであるならば常に店に待機させておくことができるので必要に応じて起動したり停止したりして簡単に調整することができるのは大きな利点です。
更に飲食店では、コロナ対策で密を避けることにことさら神経を尖らせていますが、ロボットであるならば感染のリスクはゼロですし、相対的に店のキャパも挙げることができます。
何より、単純な作業しかできないとはいえ人を雇うよりもかなり安価に済ますことができ、一説によると時給換算で100円から200円ほどで運用できると言われています。

どのようにロボットが導入されているのか?

飲食向けのロボットは現在ファミリーレストランを中心に導入が進められています。
そのほとんどが配膳用のロボットであり、数年前から幾つかの和食、洋食のレストランチェーン企業が一部店舗でテスト・検証を行っています。
あるレストランチェーンの店舗で実際に使用されている配膳ロボットは、厨房から客席まで一度に10人分ほどの料理を配膳することができ、センサーで人や障害物を感知して減速しながら停止する機能も付けられており、安全面での対策も改良が重ねられているようです。
この企業ではテスト店舗で実証実験を繰り返し、ロボットの特性に合わせて導線の見直しや環境インフラの整備も急速に進めており、配膳に関してはそう遠くないうちにロボットだけで行う店舗が誕生するかもしれません。


この記事をシェアする